葬儀専門のホームページ制作・ネット集客は葬儀屋.jp

ホーム > 最新記事 > 葬儀屋JPのサービス解説 > 葬儀社専用 求人募集・採用支援サービスについて

葬儀社専用 求人募集・採用支援サービスについて

葬儀社向け人材採用支援サービス

求人をおこなわなければいけない葬儀社さんで、以下に1つでも当てはまったら、読んでもらいたいです。

 

求人募集の方法がよく分からない

施行であわただしく動かれていて求人メディアの選定に手が回らない

安く・早く人材募集をおこなう方法があれば助かる

できれば会社を良く見せたい

募集要項の文章作成等が苦手でストレス

応募者との面接日時調整は手間

 

葬儀屋JPでは募集要項作成から、採用ページ構築、求人募集の管理をサポートさせていただいています。

昔ならハローワークに出しておけば良いという時代でしたが、既に過ぎ去っており、ネット・Webを活用していかなければ、乗り遅れることに…。

 

それでは求人募集について、何をどの様に支援するかご紹介させていただきます。

葬儀屋JPの採用支援サービス概要

まず、どの辺のサービスかについて説明します。葬儀社専用の採用活動において、求人募集で発生する業務全般を支援させていただいております。

葬儀社採用プロセスとサポート範囲

求人募集で発生する業務内容を分解すると大きく分けて3種となり、それぞれを分解して説明していきます。

①職場取材(募集人材の把握と業務内容の整理)

募集人材の把握と求人内容の整理

 -1-求める人物像を共有いただきます。

必要情報を3つで構成しており、それぞれをご共有いただきます。

  • 企業理念・コンセプトを共有いただきます。ご用意がない場合、あるいは未完成であれば整理整頓をおこない、こちらで推測したものをご提案させていただきます。
  • 希望する人物像を共有いただきます。掲載するものではなく、内内にどのようなご経歴で、性格上どのような方が向いているか、中長期で就労されている社員の方をベースに人物像をクリアにしていきます。
  • 拒否する人材像を共有いただきます。過去の就労者で問題がおこった内容、短期間で離職してしまった、求めているレベルに合わない人の特性等をクリアにしていきます。

 -2-求人募集要項への落とし込み

既存の就労者である先輩社員の声をもとに1日の流れ、業務の概要情報等をクリアにしていきます。ここでは特徴的な内容を見定めて、求人募集時のコアに設定できる内容を把握していきます。また業務中のシーンについて、画像やあるいは動画のご手配をお願い致します。

②採用サイトおよび求人募集要項制作

求人ページ制作 (採用専用Webページを構築)

 -1-採用サイトの立上げ

求人募集をおこなううえで、できる限り会社の情報を加えて採用サイトの作成をおこなってまいります。また、無料掲載がおこなえる、indeed(インディード)、Googleしごと検索、求人ボックス等の求人メディアにも露出されるように設定・調整をおこないます。文字情報のみならず、目に留まりやすく業務をイメージしやすい画像・動画情報を適宜使用します。

 -2-求人募集要項作成

求人募集をおこなう際に、会社・求人情報を要約してタイトル、業務内容、向いている人、必要なスキル、1日の流れ、業務の魅力等の文章作成をおこないます。

③求人応募者管理 (書類審査および求職者との連絡対応)

求人応募者管理

求職者との面接や採用可否等の連絡のサポートさせていただきます。

 応募者へのメールテンプレート作成

 応募者の書類選考・面接日時調整

 採用可否通知・次面接の日時調整

 採用有無の通知

葬儀屋JP人材採用支援サービスの実績

基本的な採用サイト立上げから、有料求人媒体への選定・出稿までをサポートさせていただいた際の実績としては以下になります。

葬儀屋JP人材支援サービスの実績数字

募集要項、採用時期・期間、選定プロセス、訴求画像・動画の改善により、面接者数を18倍に、採用者数を8倍(予定人員)、そして採用単価を-83%に抑えることができました。

葬儀屋JPの人材採用支援サービスをまとめ

求人募集をおこなう際に、頭によぎる内容は以下の図でした。

葬儀社における求人マップ

葬儀社さんでは会社の文化や業務に応じて、求める人物像を定めて、広告予算に応じた的確な採用活動をおこなうのが望ましいとは思います。しかし、現業の傍らで慣れない作業をおこなうのは難しいと考え、代行できる部分をサービスに落とし込みました。

これは、多数の求職者がいる求人誌・求人媒体でも、葬儀社さんの魅力をしっかりと伝えていなければ、無意味な面接の時間で、仮に就業したとしてもアンマッチで短期就労の可能性や、会社側・就労者側が何らかを我慢することになる可能性もあります。

そこで、①求める人物、②会社の魅力、③該当する人材、④提供できるキャリア等を伝えていかなければいけないと考えました。求人媒体が乱立して、何が適切かを見極める前に、自社のことを明確に伝えつつ、求人ページ構築がセットになった内容も検討に加えてみてはいかがでしょうか?

ご興味ある方はまずはオンラインでのお打合せか、お伺いさせていただきますので、お問合せをお願い致します。

 

お問合せはコチラ

全国対応をおこなう葬儀屋jp

全国の葬儀社さんのホームページ制作・集客のご対応をおこなっております。
遠方の場合はまずはオンライン会議をおこなわせていただきます。